未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『青春の殺人者』(1976年 日本)

AD

この映画を初めて観たのはかれこれ三十年前になる。名画座だったと思う。強烈なインパクトを残した。水谷豊にだ。凄かった(今じゃインテリ崩れの刑事をやっているが水谷豊は凄かった。同世代の萩原健一や松田優作を片っ端から食っている)この映画の監督も知らなかった。長谷川和彦監督だ。長谷川監督が後世の映画監督に与えた影響は計り知れない。小沢啓一、藤田敏八、西村昭五郎、神代辰巳、大森一樹、相米慎二、高橋伴明、根岸吉太郎、池田敏春、井筒和幸、黒沢清、石井聰亙など日本の映画史を今でも彩っている。長谷川は監督として本作を『太陽を盗んだ男』の二本撮っている。その後若手を育てるプロデューサーに従事している。この人の映画にコメントなど書けない。とにかく凄いのだ。それしか言えないのだ。『太陽を盗んだ男』も凄い。沢田研二がかっこよすぎる。これ以上、語れない。ぜひ観て欲しい。

青春の殺人者<HDニューマスター版>(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

青春の殺人者<HDニューマスター版>(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

 

 

ウイキペディアより引用 

The Youth Killer
監督        長谷川和彦
脚本        田村孟
原作        中上健次
製作        今村昌平
大塚和
製作総指揮            多賀祥介
出演者    水谷豊
原田美枝子
音楽        ゴダイゴ
撮影        鈴木達夫
編集        山地早智子
製作会社                今村プロ
綜映社
ATG
配給        ATG
公開        日本1976年10月23日
上映時間                132分
製作国    日本
言語        日本語

 

広告を非表示にする

AD