未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』(2009年 アメリカ合衆国)

AD

かつてボン・ジョヴィ、ホワイトスネイク、スコーピオンズ、マイケル・シェンカー・グループなどと肩を並べたで伝説的なヘビメタルバンド。ガンズ・アンド・ローゼスやメタリカにも影響を与えた。しかし今や陽の目を見ることはない。メンバーは二人しかいない。その二人はカナダの田舎町で給食センターと建設工事の現場で働いている。地元のライブハウスで演奏しても誰も聴いてくれない。そんな彼らのもとにヨーロッパツアーの話が舞い込む。喜び勇んで参加するが、失敗ばかりする。ライブに遅刻したり、飛行機に乗り遅れたりと。帰国後、身銭をきってニューアルバムを作ってラジオ局に売り込むがまったく見向きされない。また仲間割れにも発展する。観ていてせつなくなる。頑張るのは良いが手法が間違っているのではないかとアドバイスしたくなる。やがて日本の幕張で演奏することになる。エンターテイナーは夜の登場が理想だ。しかし出番はなんと午前中。もう終りだと思いステージに立つと熱狂的な大ファンが迎えてくれる。鳥肌が立つ。日本人は彼らのことを忘れていなかった。彼らありったけのギグを行う。目頭が熱くなる。スクリーンに向かって「やったぜ!」と叫んでしまった。この映画はドキュメンタリー映画としてとても心を打った作品である。ドキュメンタリーはわざとらしい演出で涙腺をくすぐってくるが、この映画はそんな気配をまったく感じさせい。アンヴィルの栄光なる過去への憧れや苦闘、葛藤、再生、そして二人の友情が痛いほど伝わって来る作品だ。勇気をもらった。

 

Anvil! The Story of Anvil
監督        サーシャ・ガヴァシ
製作        レベッカ・イェルダム
製作総指揮            サーシャ・ガヴァシ
クリス・ソース
音楽        デイナ・サノ (監修)
撮影        クリス・ソース
編集        ジェフ・レンフロー
アンドリュー・ディックラー
配給        日本の旗 アップリンク
公開        アメリカ 2009年2月20日
    日本   2009年10月24日
上映時間                81分
製作国 アメリカ合衆国
言語        英語
興行収入                $906,705[1]

 

 

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]

 

 

 

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(吹替版)

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(吹替版)

  • サーシャ・ガバシ
  • 音楽ドキュメンタリー
  • ¥1000
広告を非表示にする

AD