未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『サンダーボルト』(1974年 アメリカ合衆国)

AD

この映画に出演するクリント・イーストウッド、ジェフ・ブリッジス、ジョージ・ケネディなど三人は本当に存在感が強い役者だ。各々が主役を張れる。この映画での主役はイーストウッドになるが、ブリッジスもケネディーもそれぞれの人生を背負っている姿が見えるから主役と言っても過言ではない気がする。それにしてもケネディーの“アク”の強さは尋常ではない。ポール・ニューマンの『暴力脱獄』での演技もすごいが、この作品でイーストウッドに対する存在感の発揮力がすごすぎる。イーストウッドがこれほどの圧力を感じた役者は後にも先にもいないような気がする。イーストウッドは後に潰し屋と揶揄されるようになる。その際たる犠牲は『パーフェクトワールド』で共演したケビン・コスナーである。コスナーはこの作品以降、低迷していく。ひょっとしたらケネディーと共演したことでイーストウッドはより強くなったのではないだろうか。気の毒なのはブリッジスだ。以降、低迷を辿る。『ハリウッドで最も過小評価されている俳優』のトップだった。でも今ではもう名優の域に達している。それらを踏まえるとこの作品はアメリカの俳優の指針になる映画ではないかと感じる。

ウイキペディアより引用

  Thunderbolt and Lightfoot

監督        マイケル・チミノ

脚本        マイケル・チミノ

製作        ロバート・デイリー

出演者    クリント・イーストウッド

ジェフ・ブリッジス

ジョージ・ケネディ

ジェフリー・ルイス

音楽        ディー・バートン

撮影        フランク・スタンレー

編集        フェリス・ウェブスター

製作会社                The Malpaso Company

配給        ユナイテッド・アーティスツ

公開        アメリカ合衆国 1974年5月23日

日本の旗 1974年9月28日

上映時間                115分

製作国 アメリカ合衆国

言語        英語

製作費    $4,000,000

興行収入                $21,700,000[1] アメリカ

テンプレ

 

 

サンダーボルト [DVD]

サンダーボルト [DVD]

 

 

 

広告を非表示にする

AD