未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『白熱』(1949年 アメリカ合衆国)

AD

この映画は本当に恐ろしい。主演のジェームス・キャグニーの賜物だ。素晴らしい演技をしている。あの不気味な微笑みが恐怖を更に加速させる。冷酷非道な強盗殺人者でマザコンである。信じるのは生みの親である母親のみ。母の言うことなら耳を傾ける。妻も友人も信じない。今まで一緒だった仲間も平気で殺す。とにかく極悪なのだ。精神的な疾患も持っている。何か気にいらない事やショッキングなことが起きると激しい頭痛に襲われる。その痛みが去った後は更に人格が崩壊したように極悪に拍車がかかる。彼の目的は世界一の男になること。それは母の願いだ。善の男ではなく悪の男として頂点を極めることだ。ベクトルがやはり精神を破綻した人間である。最後の最後に世界の頂点に立ち叫ぶ。「やったぜ、ママ、世界の頂点に立ったぜ!」目的を達成したが誰も同調しない。悲しいがこのような歪んだ思考を持つ人間はいる。特に政治の世界の人たちだ。刷り込まれた思考は凶器となる。凶器は狂気の時代を作り出す。世界のリーダーたちが凶器を持たないように気をつけなければいけない。

 

ウイキペディアより引用
White Heat
監督    ラオール・ウォルシュ
脚本    アイヴァン・ゴフ
ベン・ロバーツ
原案    ヴァージニア・ケロッグ
製作    ルイス・F・エデルマン
出演者           ジェームズ・キャグニー
      エドモンド・オブライエン
      ヴァージニア・メイヨ
音楽    マックス・スタイナー
撮影    シド・ヒコック
配給    ワーナー・ブラザース
公開    1949年9月2日
1952年12月27日
上映時間        114分
製作国            アメリカ合衆国
言語     英語

 

 

白熱 特別版 [DVD]

白熱 特別版 [DVD]

 

 

広告を非表示にする

AD