読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『ALI アリ』(2001年 アメリカ合衆国)

AD

躓きとか挫折という言葉を安易に吐く人がいるが、私も含めて人種差別を受けた人たちのそれに比べると大したないと思う。モハメド・アリは黒人ボクサーとして偉大な功績を残した。いやボクサーとしてだけではなく人間としてこの地球に大きな偉業を成し遂げた。どれだけ傷つきどれだけ涙を流しただろう。黒い肌に生まれたことがそんなに罪なのか、決してそうではない。アリは諦めなかった。自分の信じた道を真っすぐに歩いた。目の前にはいつも巨大な壁が立ちはだかった。でもアリは歩い続けた。壁はアリが近づくと後ろへ下がり続けた。やがてその壁は崩壊しその向こうに満面の笑みを浮かべた人々が拍手で迎えてくれた。アリは奢らず何もなかったかのように歩き続けたように思える。本当に強い人だ。どれだけ差別され、侮蔑の言葉をかけられ、脅迫されても膝を折らなかった。私たちが生きている日本社会など手ぬるいだろう。いくら頑張っても報われないと感じる時こそ力がつく時だと感じる。こんな時は絶対に焼けを起こしてはならない。感情を爆発させたら奴らの思う壺だ。じっと我慢して乗り切ることが大切なのだ。この映画から生きる道について学んだ

追伸 この映画の撮影監督はエマニュエル・ルベツキである。今世界で一番のキャメラマンだと言える。マリック、キャアソン、コーエン、イニャリトゥなど錚々たる監督の映画を撮っている。素晴らしい画を構成する。

 

ウイキペディアより引用

ALI アリ
監督 マイケル・マン
脚本 マイケル・マン
エリック・ロス
スティーヴン・ジェイ・ライヴェル
クリストファー・ウィルキンソン
製作 ジョン・ピーターズ
ジェームズ・ラシター
ポール・アルダージ
マイケル・マン
A・キットマン・ホー
製作総指揮 ハワード・ビンガム
グレアム・キング
出演者 ウィル・スミス
ジョン・ヴォイト
音楽 ピーター・バーク
リサ・ジェラルド
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
スティーヴン・リヴキン
リンジー・クリングマン
製作会社 ピーターズ・エンターテインメント
Forward Pass
オーバーブック・エンターテインメント
配給 日本 松竹/日本ヘラルド映画
公開 アメリカ 2001年12月12日
日本の旗 2002年5月25日
上映時間 157分
製作国  アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $107,000,000[1]
興行収入 $87,713,825[1]

 

 

アリ [DVD]

アリ [DVD]

 

 

広告を非表示にする

AD