読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

『マンハッタン』(1979年 アメリカ合衆国)

ウディ・アレンを好きな男はモテない君と呼ばれることがある。アレンはモテる。背も低い、頭も薄い、顔もそんなに良くないのにモテる。アレンには知性と教養がある。だから同じように背も低い、頭も薄い、顔もハンサムではない男にとって希望になるのだ。知性、教養をつければモテると信じている。私もそうだ。でもだ。中々アレンのような才能は手に入れることはできない。アレンの才能は誰にも真似できない。映画誕生から映画を作った芸術家は星の数ほどいる。でも監督、脚本、主演、時には製作までこなした映画人はたった三人しかいない。チャールズ・チャップリン、オーソン・ウエルズ、そしてアレンだ。真似しようとした作家はいるがここまで成功した人はいない。さて、この映画はとても芸術的だと言える。ロケ場所が美しいことで注目されるが、男女の複雑な関係性に芸術を感じる。別れた恋人とその彼氏や自分の今の恋人(未成年)との関係。恋を取っ替え引っ替えしようと奔走する人間の本質から、二兎を追うものは一兎も得ずまで、頭の中はぐるぐると回り続ける。人間というのは結局は自己中心的であるが、何かを失った時に本当の自分に会えることも表現している。ちなみに映画のタイトルの『マンハッタン』とポスターの橋がマンハッタンブリッジかと思ったが実はボロー・ビレッジだった。それは映画史に残る美しいショットだ。

 

マンハッタン [Blu-ray]

マンハッタン [Blu-ray]

 

ウイキペディアより引用 

監督        ウディ・アレン

脚本        ウディ・アレン

マーシャル・ブリックマン

製作        チャールズ・H・ジョフィ

ジャック・ローリンズ

製作総指揮            ロバート・グリーンハット

出演者    ウディ・アレン

ダイアン・キートン

マリエル・ヘミングウェイ

メリル・ストリープ

音楽        ジョージ・ガーシュウィン

撮影        ゴードン・ウィリス

編集        スーザン・E・モース

製作会社                ジャック・ローリンズ&チャールズ・H・ジョフィ・プロダクションズ

配給        ユナイテッド・アーティスツ

     ユナイト映画

公開        1979年4月25日

日本   1980年2月23日

上映時間                96分

製作国    アメリカ合衆国

言語        英語

興行収入                $39,946,780[1]

 

 

AD