未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

映画の読み方書き方 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984年 アメリカ合衆国)

AD

ジム・ジャームッシュを一躍世界へ羽ばたかせた作品はなんと言っても「ストレンジャー・ザン・パラダイス」であろう。この作品でカンヌ国際映画祭でカメラドールを獲得する。しかしニューヨークの学生だった時に撮った「パーマネント・バケーション」も良い。フィルム代がなく、ニューヨークのフィルムメーカーを回り撮影時に余った“端尺”のフィルムを集めて撮影した。教訓を活かしてか本作でもブラックへとフェードアウトするシーンが多い。それがまたこの映画の魅力であり新しい感覚をカンヌが見抜いたのだろう。この映画は三部構成となっている。ニューヨークを舞台とする“The New World”クリーブランドを舞台とする“One Year Letter”フロリダを舞台とする“Paradise”である。ジョン・ルーリー演じるウイリーはハンガリー出身でニューヨークに住んでいる。そこへブタベストから従姉妹のエヴァ(エスター・バリント)がやって来てウイリーのアパートで同居する。エヴァの目的はグリーブランドに住む叔母が入院するので面倒を見ることだ。ウイリーとエヴァの共同生活は決して順調とは言えない。すっかりアメリカナイズされてしまったウイリーとハンガリーと言うまだ社会主義国家から来たエヴァとの温度差は埋められない。そしてエヴァはグリーブランドへ向かう。一年後、ウイリーは友人のエディーとポーカーで大儲けしてエヴァの元を訪ねる。エヴァには恋人もいてホットドック店で真面目に働いていた。それを見たウイリーは三人でフロリダへ行く計画をする。フロリダではウイリーはギャンブルし放題。エヴァは興味ない。エヴァは暇つぶしにスローハットを被り海岸を散歩していると麻薬密売人と間違われて多額のお金が入ったバックをもらう。すぐさまモーテルへ戻り“ブタベストへ帰る”と書置きをする。モーテルに帰ってその書置きを読んだウイリーはすぐさま空港へ行きブタベストまで飛んでしまう。しかしエヴァはブタベストには行かずモーテルに帰ってきた。そこで映画は突然終わる。

 

ウイキペディアより引用
Stranger Than Paradise
監督 ジム・ジャームッシュ
脚本 ジム・ジャームッシュ
製作 サラ・ドライヴァー
製作総指揮 オットー・グロッケンバーガー
出演者 ジョン・ルーリー
エスター・バリント
リチャード・エドソン
セシリア・スターク
音楽 ジョン・ルーリー
撮影 トム・ディチロ
編集 ジム・ジャームッシュ
メロディ・ロンドン
配給 フランス映画社
公開 アメリカ 1984年9月29日 日本 1986年4月19日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国 西ドイツ
言語 英語
ハンガリー語

ストレンジャー・ザン・パラダイス - Wikipedia

 

 

 

ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]

ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]

 

 

 

ストレンジャー・ザン・パラダイス(字幕版)

ストレンジャー・ザン・パラダイス(字幕版)

  • ジム・ジャームッシュ
  • ドラマ
  • ¥1000

 

広告を非表示にする

AD