読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来予報

おすすめの映画や自然、猫について綴っていきたいと思います。

映画の読み方書き方 『許されざる者』(1992年 アメリカ合衆国)

AD

この作品はクリント・イーストウッドの作品の中で最も力強い映画と言われている。かつて史上最悪な殺し屋と言われたイーストウッド演じるウイリアム・マニーは今や息子と娘を持つ二児の父親。若き妻は三年前に他界しマニーは牧場主として貧乏な生活をしていた。毎日働いても生活は豊かにならない。そんなある日、スコフィールド・キッドと名乗る若い賞金稼ぎがマニーの元を訪れ「カウボーイが酒場の娼婦の顔を切り、目をえぐり乳房を切り落とした。それを復習するために娼婦たちが1000ドルの賞金をかけている。俺の相棒にならないか!」と持ちかけた。マニーは10年前に妻グローディアと結婚して以来、殺人も酒も止めて真面目な生活を送っていたから一度は断る。しかし二人の子どもの将来を危惧して再び銃を手に取りキッドを追う。途中かつての相棒であったモーガン・フリーマン演じるネッドを誘う。数年ぶりにコンビを組んだ二人はキッドを追って南へくだる。マニーはこの町の保安官演じるリトル(ジーン・ハックマン)に銃を取られ殴られ蹴られボコボコにされる。治療に数日かかりマニーはネッドとキッドと共に最初の一人のカウボーイを殺す。この時、ネッドは人を殺すことに違和感を覚え二人の元を去る。残されたマニーとキッドはもう一人のカウボーイを殺害し賞金を手に入れるがネッドが殺されたことを知る。そして保安官のリトルを殺しに再び町に戻る。この映画の背景に湾岸戦争に対しての反戦する意図が盛り込まれていると言われている。イースドウッドはイラク側、リトルはアメリカ側。そして最後に勝つのはイラク。所謂アメリカは世界の警察官と言われているが実際は世界で一番の戦争が好きな国。こんな国はいつか報いが来るだろう、という演出が加わっているとみてとれる。この意味がわかるだろうか。映画の構成について述べておくと映画を作る際、ロングから始まりロングで終わるという法則を見事に用いている完璧な作品であると言える。

 

ウイキペディアより引用

Unforgiven
監督 クリント・イーストウッド
脚本 デイヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
製作 クリント・イーストウッド
製作総指揮 デヴィッド・ヴァルデス
出演者 クリント・イーストウッド
ジーン・ハックマン
モーガン・フリーマン
リチャード・ハリス
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 ジョエル・コックス
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国 1992年8月7日 日本 1993年4月24日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 1億$
世界の旗 1億5900万

許されざる者 (1992年の映画) - Wikipedia

 

 

 

許されざる者 [DVD]

許されざる者 [DVD]

 

 

 

許されざる者 (1992) (字幕版)

許されざる者 (1992) (字幕版)

  • Clint Eastwood
  • 西部劇
  • ¥1000

 

 

 

広告を非表示にする

AD